基塾長の成績の上がるブログ

名張市内で唯一無二の新型「自立教室」を開塾

うちの生徒が載っていました。

f:id:motosh51:20171214203521j:image

名張市の広報に、うちの塾生の写真が載っていました。

「百合小こどもクラブ」のボランティアをしている中学生が二人。

中3なので、そろそろ本気で受験勉強もがんばって欲しいです。

そんな巫山戯た進路指導があるのか⁉️

f:id:motosh51:20171129054758j:image

A中学校でとんでもない進路指導が行われているようだ。なんと、県立高校の前期選抜を受けないように指導があったというのだ。

一体なんのために県が前期選抜を行っているというのだ。生徒にとっては、高校入試を受ける機会のひとつであって、それを妨げるような指導はあってはならないと思うのだけれどどうか。

また、その理由が振るっている。前期選抜を受けて落ちた生徒がショックを受けてその後の入試に影響を与えるからだという。これは二つの意味で間違っている。

一つ目は、教師は生徒を合格させるために最大限の努力をするべきであって「不合格」ありきの指導などおかしいということ。むしろ、このような指導を行うことが、生徒の意欲を削ぐことになりかねず、生徒の将来を踏みにじっているということがわからないのだろう。

もうひとつは、落ちてもショックを受けずに次に向けてトライできるようなメンタル面の指導をすべきだということ。それができないということは、この教師は無能だということだ。しかも、件の進路指導担当教員は自身が10年にわたって進路指導をしてきた経験からだと豪語したらしい。つまり、10年間ずっと前期選抜で落ちた生徒がショックを受けるという経験を続けているということだ。その挙句にじゃあ受けないければいいという結論にでも達したというのだろうか。本末転倒もいいところだ。

私は30年入試への指導をしているが、最初の入試で落ちたからといって、そのせいで後の入試に引きずったという経験は全くない。それは、事前に落ちることも想定して、メンタル面の指導も行っているからだ。

小学生が中学受験を受けたときもそうだ。むしろ何校か受けたほうがいいとアドバイスするくらいだ。もちろん落ちて悲しむことはある。しかし、それをひきずらず、果敢にチャレンジしていくことこそが成長につながる生徒が多いのだ。

穿った見方をすれば、前期選抜の競争率が高いので、人数調整を中学校間で行っているということが考えられる。つまり入試以前に中学校で忖度をして、合否を決めているということだ。そうだとすれば、なんという傲慢だろうか。

胡散臭い

f:id:motosh51:20171122191504j:image

折込のSH塾のチラシが胡散臭い。ついこないだ書いたばかりの「塾ナビ」を宣伝材料に使っている。「検索サイト」と書いてあるが、違うと思う。なぜなら、カネを払った塾だけを掲載するサイトだからだ。

グーグルなんかでも、代金をとって広告を載せてくれるが、払ってなくても検索には引っかかる。ところがこのサイトでは、払ってなければ検索対象とならないのだから、検索サイトとは言えないのではないか。

伊賀地区から奈良高専に受かった生徒はSH塾の出身者だけだとも宣伝している。ことしウチから受ける生徒が合格すれば、来年はこの宣伝文句は使えなくなるけど、結果やいかに。こんな事を書いて、自分にプレッシャーをかけている。

「〇〇高校に行きたい」と公言しよう。と生徒たちに言っている。口に出してしまえば、後戻りしにくいし、応援してくれる人も出てくる。

そういえば、生徒たちとこんな会話をしていた。

「〇〇くんて、N個別から移ってきたんやね」とある生徒が唐突に言い出した。

「N個別って」と、私がここまで言うと、別の生徒が「ぼったくり」と言った。いや、私はそこまで言いませんが・・・確かに学費の高い塾だ。そうすると、最初に話題を振った生徒が続けた。

「N個別は、自習室はあるねんけど、先生はそこにいないし、先生に質問に行くと授業中だからダメだって言われるし、なんていうかサービスが悪い。質問できたと思ったら、わからないって言われるし」

 私は質問には答える。ただ、わからないときもある。わからないときはグーグルだのみ。そう言うと「調べてくれるだけ良い」

 名張さかえ進学教室は自立学習の塾。自立学習というと自習と思われるときもあるけれど本質的に違う。何をするべきかは教える。でも強制はしない。勉強のやり方を教える。魚を与えるのではなく魚を採る方法を教えるというやつだ。そして「あきらめるな」と激励する。生徒たちががんばる環境を常に考えている。

 ネットで検索すると、いまこういう考え方で塾や家庭教師をしている人たちがかなりいることが分かる。しかし、ホンモノもいればニセモノもいる。たとえば、近くのR塾は、単に「AI学習」をやっているだけで自立学習と謳っている。ただその塾は懇談もしないし、高校生は映像授業を見せるだけだし(幟が歩道にはみ出てて邪魔だし)。

 個別指導塾をやり、ほかの個別塾へ教材を販売しているM塾の会社がRという自立学習の塾を始め、FCを募集していたので話を聞きに行ったが、もともと販売していた個別塾用教材をパソコンに落とし込んだだけのものだった。たしかに、数十年前の「コンピュータ・アシステッド・インストラクション」から比べれば、格段の進歩を遂げていて操作性も抜群である。生徒のやるべきことも明確だし、進捗管理も簡単だ。教育の素人でも塾長ができる。

 ただ、問題は「やるべきことが決まっている」ということだ。システム化とはそういうことだから、一概に悪いとは言えないし、それで成績が上がる生徒ももちろんいる。ただし、それは自立学習ではないと思う。AIによる管理学習だろう。

 ウチをやめて他塾に行った生徒も残念ながらいる。そしてうちの悪口を言っているかもしれない。でも、私は自分の信じる事を貫くだけだ。

自己推薦書

f:id:motosh51:20171122191242j:image

生徒が「自己推薦書の書き方教えてください」と言ってくる。あさって提出とのこと。え! 期末テスト直前やん? 学校の先生何考えとんねん。と思いつつ、書き方を教えた。

内容はともかく、書き方にはコツがある。それを、教えるとどの生徒もすっと書ける。ずっと通い続けている生徒なら、どんなことをしてどんな高校へ何故行きたいか全部把握しているので、代わりに書いてあげることすらできるくらいだ。本人に書かせても、私が書いてもほぼ同じものが出来上がる。まるで、テレパシー能力があるみたいだ。

企業秘密だけれどその一端を書いておく。

① まず、将来の夢や目標を書く。

② その理由を書く。

③ その目標のために最適な高校であることを述べる。

④ 中学時代に自分ががんばってきたことを書く。

⑤ 特にチームワークを実現したことを書く。

⑥ 高校に入ってもリーダーシップを発揮したいという内容のことを書く。

なぜなら、進学の理由は将来の職業選択のためだからだ。いまの中学生は夢がないというけれど、うちの塾生の大半を夢を持っている。集団生活に合わなくて不登校になった生徒も、〇〇になりたいという明確な希望を持っている。

だったら、高校の選択もそれに添って行われるべきだ。今の成績なんて関係ない。(全く関係ないこともないけれど)

どこまでも自分の志望を貫くべきなのだ。それなのにこんなことを学校の先生に言われたと報告してくれた生徒がいる。「ほかに公立高校考えてないの」暗にその高校は難しいから変更したらどうかと言われたのだということを言われた本人も気づいている。

違うだろ。志望校に合格する手助けをするのが教師だろ?!

塾選びの情報どこから得ていますか

f:id:motosh51:20171118104341j:plain

塾選びの情報どこから得ていますか?

新聞折込や情報誌で探している方も多いでしょうが、最近ではネットで検索というのが多いのではないでしょうか。

ところで、ネットで塾関連の検索をするとほとんどヒットしてくるのが「塾ナビ」というサイトです。このサイト、一見するとクチコミ情報のまとめサイトのように見えますが、本当は違います。

それは、「掲載希望申し込みお問い合わせ」というページを見れば分かります。こんなふうに書いています。

(以下引用)

|お問い合わせいただく前の注意事項

|・「開校前」の塾様には掲載のご案内は行っておりません。開校後にご連絡頂きますようお願い申し上げます。

|・「塾ナビ」への掲載は有料となっております。無料での掲載は承っておりません

|・代理店様からの掲載申込みに関する受付は承っておりません。

|上記何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

(以上引用終り)

なんと、掲載料をとっているのです。金額は書かれていませんが、結構な額のようです。私共のような、小規模塾には到底出せません。

つまり、広告費に多額の投資をして、生徒をかき集めて儲けている商業主義の塾しか載っていないわけです。

名張さかえ進学教室が、リーズナブルな費用で良質な教育を提供しているのも、広告費にムダなお金をかけていないからです。チラシ配りくらいはしますけどね。

秋の古本まつり

f:id:motosh51:20171108162709j:image秋の古本まつりに行って来ました。

知恩寺ってどこだっけとか思いながら行ったのですが、前にも来たことがありましたね。すぐわかりました。

f:id:motosh51:20171108162447j:image

百万遍の交差点のところに幟がありました。

f:id:motosh51:20171108162519j:imagef:id:motosh51:20171108162529j:image

これが入り口のあたりです。

f:id:motosh51:20171108162654j:imagef:id:motosh51:20171108162659j:imagef:id:motosh51:20171108162709j:imagef:id:motosh51:20171108162736j:imagef:id:motosh51:20171108162741j:imagef:id:motosh51:20171108162748j:imagef:id:motosh51:20171108162753j:image

中はこんな感じでまさに、古本の祭り\(^-^)/

f:id:motosh51:20171108162822j:image

京都古書研究会のお店たち。

そして、収穫はこの2冊でした。

f:id:motosh51:20171108162921j:image

ビランデッロも欲しかったけど、高くて断念。

私の好きな海外文学、少なめだったのが少し残念。

 

 

 

消しゴム

f:id:motosh51:20171025155910j:image

「消しゴムも筆記用具であることを希望と呼んではおかしいですか」
岡野大嗣さんの短歌だ。
そうか。消しゴムも筆記用具か。だいぶ前、進学塾で教えていたとき、消しゴムは使うな、と指導していた。消すなんて時間の無駄。それより、どんどん書いてった方がいい。
東大寺や灘に合格して行った子は、算数の一問を解くのにノート数ページに書きなぐって正答していた。思考のスピードが速いからだ。
文章を書くのに手書きでしていたころは、やはり書く速度が追いつかなかった。ワープロを使うようになってようやく考える速さで書くことができるようになった。
でも、みんな消しゴムが好きだよね。テストのときは必要だし。
高校入試のときに偏愛していた消しゴムがある。ステドラーというメーカーのもので、よく消えるだけでなく、黄色いセロハンに包まれていてカッコよかった。いま検索してみたけど、ヒットしない。
入試当日、これを五、六個持って行って、机の上に積み上げた。まあ、変なやつだったわけだが、落として使えなくなるのがイヤだというのが建前で。
ロブグリエの小説に「消しゴム」というのがあって、文庫化されたときに抽選で高級消しゴムが当たるというので応募したら当たった。おそらく、応募した人は全員当たったのだろう。そんなに売れる小説でもないし。