基塾長の成績の上がるブログ

名張市内で唯一無二の新型「自立教室」を開塾

お題「好きなバンド」

好きなバンドと言ったらヒカシューしかない。中学のときから私淑している。40年来のファン。

f:id:motosh51:20171016234814j:image

晩茶

f:id:motosh51:20171015125413j:image

写真のペットボトルは「伊右衛門」ですが、中身はうちで注れた南芳園の五日干し晩茶です。

吉野山に参拝すると、山門の内側のお店で売っていますし、奈良の茶粥の原料としても使われています。そこまで行くのは年に一回くらいなので、これは大和八木の観光センターで購入したものです。

不時着?

おっかしいなあ。不時着ってのはときならぬ着陸って意味だからふつう炎上しないのでは? それは墜落では?

写真は、ピカビアのティーシャツ。

f:id:motosh51:20171016064852j:image

ライブに行きたいTT

今週のお題「行ってみたい場所」

f:id:motosh51:20171013174357j:plain

私が今一番行きたいのは「ライヴ」です。

写真はずいぶん前のものです。私淑しているミュージシャンの巻上さんの還暦記念ライヴのものですね。「還暦なのか」というタイトルで七日間行われたのですが、そのうち一日だけ行くことができました。

ついこないだ新しいCDが出て、そのレコ発ライヴが行われたのですが、私は行けませんでした。塾があったからです。代わりに、そのCDを予約してげとしたので、iPhoneに入れて聴いています。素晴らしいアルバムです。「あんぐり」というタイトルで、英語の angry にも掛けているようです。

塾の壁

f:id:motosh51:20171013172445j:image

私の塾は「自立学習」の塾です。なんか最近このことばが流行ってきていますが、ずっと前から考えてきた「理想の塾」を作りたくて、新しい塾を立ち上げたのです。

まだまだ不完全ですが、着実に理想に近づいて行っていると思います。

そのひとつが塾の壁です。

私が生徒たちに説明したときに書いたメモを、どんどん貼っています。古くなって剥がしたものもありますので、全部貼ったままにしていれば、もっとすごいことになっていたかもしれません。これからそうしようかな・・・

さっき「説明」と書きましたが、実は私はあんまり「説明」したくありません。だって、一方的に説明したって、できるようにはならないからです。多くの塾や、学校の先生がいまだにそういう一方的な授業をしていることを憂いています。

じゃあどうしているかというと、まずは生徒がどんどん問題を解きます。そしてわからないところを質問してもらいます。私はメモ用紙にその問題を解きます。重要なことは口に出して言っていますが、黙って解くだけのときもあります。生徒はそれを見て解きなおします。「写す」だけって生徒はいませんよ。そんなこと言わなくてもみんな大丈夫です。

写真の壁は、まだあんまり貼っていない方です。代わりに展覧会のビラなんかを貼っています。こないだまではブリューゲルの「バベルの塔」展のを貼っていましたが、会期が終りに近づいたので、貼替えました。「芦雪」と「ディズニーアート展」です。

芦雪の虎は猫のようですね。というのも、当時日本に虎はおらず、中国に居るという伝聞でしかなく、大きい猫ということで、猫をモデルにしてそこから想像を膨らませて描いたものだからです。

ノーベル文学賞

f:id:motosh51:20171006073514j:image

ことしのノーベル文学賞は、カズオ・イシグロに決まった。それほど好きな作家ではないが、優れた作品を書いていて、納得の受賞だ。

ただ、テレビを見ていると紹介の仕方がひどい。ネタバレしてるし。最後にフィクションとつけてるし。そりゃそうだ。小説は須らくフィクションであるに決まっている。ホントはSFと紹介しても良いんだが。

今回は、村上春樹落選、とはやってなくて、それは好感。村上春樹は高校生のころ夢中で読んだが、最近では、単なる妄想小説としか思えなくて、文学性はほとんど感じないから、ちょっと受賞はないだろう。

私の考えではむしろ、伊坂幸太郎のが可能性が高い。社会性のあるエンターテイメントを書いてるから。

最も可能性が高い日本の作家は、多和田葉子だと思う。ドイツ語と日本語の両方で書いているというのも大きい。近ごろ文庫化された、献灯使は、震災後の日本を、それこそフィクションとして描いた名作だ。

私が本当に受賞して欲しいのは、笙野頼子だけど、翻訳不可能なので、無理かな。

 

一次関数その5

f:id:motosh51:20171004170239j:image

グラフの問題の解き方。点(〇,◇)を通るとき、と言われたら、基本的に代入で計算します。ほかにも解き方はありますが、代入すると一つ覚えにしたほうがラクです。

二点のときは、連立方程式になります。このへんは一回教えると、大体すーっとできます。

生徒がよくわからないのは、y軸上で交わるというとき。y軸上だから、yがゼロだと思い込んでいます。これは逆で、y軸上はエックスがゼロです。

反対に、エックス軸上はyがゼロです。

それからこれはほとんどの生徒が間違える問題ですが、

たとえば y=3χ-5 のエックスが4増えたときのyの増加量を求めなさいと言われたとき、4をエックスに代入して、3×4-5=7 とやってしまう生徒が圧倒的に多いです。

これは意味がもうひとつ分かっていないからでもあります。増加量はエックスの係数だけが関係があるのです。ここで、-5は、初期値つまりはじめの値なので増加量には関係ありあせん。

よって答えは、3×4=12 となります。

いかがですか。一次関数の重要なポイントについて五回に渡って説明してきました。これを元に、中間テストをがんばってくれると嬉しいです。

ほかにも入試ではグラフ上の面積についてよく問われます。

分からないところがあれば、お気軽にご連絡ください。