基塾長の成績の上がるブログ

名張市内で唯一無二の新型「自立教室」を開塾

前期選抜の内定が発表されました(∩´∀`)∩それは高校の勉強への入門です。

f:id:motosh51:20190123051005j:plain

 昨日のことです。ちょうど中3の生徒たちが教室に入ってきたので、席に着いたところを見計らって「どうでした?」とききました。

「落ちてた・・・うそ! 受かってた!」

「私も通ってた!」

 そう昨日は三重県公立高校前期選抜の合格内定の発表日でした。「受かったらどうしよう」を合言葉にやってきたので、合否については何とも言えないと思っていました。五分五分かな、と。

 今回うちの塾から前期選抜を受けたのはふたりで、そのふたりがふたりとも合格したのです。うれしいことこの上ありません。

 そしてさっそく宿題が出ています。

 名張高校は英語・数学・国語が一体化となった一冊の問題集です。これを3月20日の合格者集会の時までにやっていって、その日のうちにテストがあります。内容を見ると前半は中学校の復習ですが、少しずつ高校内容が入っています。

 たとえば英語では「目的語」と「補語」を選びなさいなどという問題があります。こういう言葉は中学校の授業では普通習いません。英語の五文型というのが、高校の英語文法の最初の関門となります。

「目的語」は人称代名詞で「目的格」というのがあったので、なんとなくわかるかもしれません。私はよく「をにの形」と言って教えます。「~を」「~に」に当たる部分だからです。

「補語」というのは「イコールの関係だよ」と教えます。たとえば「You look happy.」という文があります。これは第二文型で「S(主語)V(動詞)C(補語)」という構造になっています。You = happy となっているからです。

 名張青峰高校では、五教科の問題集がそれぞれ1冊ずつ出されています。英語なんか100ページ以上あり、たいへん多いですが、まあ提出日まで一か月ありますから何とかできるでしょう。こちらも半分くらいは中学校の復習で、あとは高校内容の予習となっています。

 早速それぞれの宿題をやっていました。積極的に質問もしてくれました。

 高校に入って、勉強で困るのは、まずは宿題が多いといういこと。そして次に宿題の解答が省略が多くてわかりにくいということにあります。また予習の宿題が出るということです。

「わからない!」となるわけです。

 そんなとき、すぐに質問できたらいいですよね。また、学校帰りに自習しに寄って行く場所があるといいですよね。

 ここから先は宣伝ですが当塾の高校生向けのコースで「高校生ライトコース」というのがあります。このコースでは「自習室」(予約制)とオンラインでの「質問教室」がセットになって月謝は16000です。自習室は基本火~金の午後4時~9時半で、オンライン質問は24時間対応です。

 ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 0595-51-6724

 motosh51@gmail.com

 

story とはどういう意味か(ネタバレあり)1941(本当は寝ていたい©肉球新党)

 

f:id:motosh51:20190202065114p:plain

 

またある日の教室の風景。

私立中学の一年生が、学力推移調査テストの過去問を解いています。今週末にあるそうです。学力推移調査テストというと文部科学省がやっている「学習調査」かと思ってしまいますが、ぜんぜん違います。このテストは本当は大学入試に向けた模試なのですが、中学生なので模試とは言わないで学力推移調査と言っているだけです。似たようなテストを高校生も受けています。

高一の生徒は、進研模試の過去問をやっています。英語の問題はかなり難問です。下記の英文、訳せますでしょうか。

the English rule is that not simply should you never talk to strangers but you aren't ever allowed to give away the most basic imformation to people you meet socially.

イギリスのルールでは、単に見知らぬ人に話しかけてはいけないだけでなく、社交上出会った人に最も基本的な情報さえ与えてはならない。

not only... but also ⇒ ・・・だけでなく、また~でもある。

という熟語はみなさんご存知でしょうが、結局のところonlyやalsoがなくても文の構造は同じになるわけです。そりゃそうか。onlyやalsoは副詞(名詞以外を修飾する単語)なので、意味を付け足しているわけですから、なくっても文の構造自体は変わらんわけですね。

not... but ⇒ ・・・(だけ)でなく、(また)~で(も)ある。

かっこの中が副詞の部分なのでなくなるわけですね。

もうひとりの高一生はきょうもきょうとて「ウミガメのスープ」をやっています。はまっています。そのあと英語表現の宿題をやり始めました。「スピーキング」の土台になる「ライティング」の宿題でした。

一方で中二の生徒が黙々と練習問題をやっています。どんどんやるので、私の答え合わせが追いつきません(^^;

きょう来ている生徒たちはこの土日は来ないので、先行して福豆を配りました。早速ポリポリやっています。

私はもともと怠惰な人間で本当は「寝ていたい」ではなく、読書していたい。

いや読書しています。読んでいたアメリカのミステリは1941年に発表されたものです。1941年といえば真珠湾攻撃の年ですよね。そんなときにこんな洒落たミステリが書かれていたとは。

以下ネタバレ有り・・・

そのなかで「別のストーリーだ!」という発言があって、最初「別の筋書き」と捉えられます。殺人の動機とかそんなところです。ところが、これはあとで別の意味だと発見されます。

そんなもん分かるかい! と思いましたが、

いやいや辞書を引いときゃよかったんだよ。ちゃんと別の意味が載っていました。(大学入試レベル)と書いてあるし・・・

 

そして水道民営化の問題。まだ名張市はターゲットになっていないようですが自分から擦り寄っていく可能性はあります。

先日水道局に行って意見を述べてきました。「本当は寝ていたい」のに。

面倒だけどやらなくちゃいけないのは受験勉強と同じか。

誰かやってくれないかなあ(やってくれないだろうなあ)・・・・・・

 

 

雪の日はウミガメのスープ(またある日の教室の風景)

 

f:id:motosh51:20190201064241p:plain

またある日の教室の風景・・・

高一の生徒が数冊の本を胸に抱えて入ってくる。「新書を読む宿題」というので岩波ジュニア新書の「社会の真実のみつけかた」という本を手渡した。高校の図書室で借りた数冊とこの本と数日で読み終えて、感想を書いたという。

しまった。その感想を見せてもらうの忘れた・・・

雪で車で送れないので休みますとの連絡。

その生徒にはラインで「ウミガメのスープ」の問題を送った。

ウミガメのスープ」というのは水平思考を促すクイズのようなもので、出題者と回答者の間で何回かやり取りをして、正解にたどり着くというもの。

ラインで3回やりとりをして、答えを導き出した。

まあ、こういうのも大事だけどね。宿題もやってね。

 

 

 

最後から二番目のセンター試験の国語の文章に思う

f:id:motosh51:20190123051005j:image

先の週末に、大学入試センター試験が行われた。

国語の問題では、古文の問題に異色の物語が登場したと話題になっているけれど、なかなかセンスのいいところを見せたと思う。

その話題の古文の文章は、狐が少女に化けてお姫様に仕えるという、異種交流譚のひとつ。

それより現代文の最初の問題でびっくりした。翻訳についてのエッセーだが、どこかで読んだことがあるなあと思ったら、翻訳家の沼野充義さんの文章だった。

えー、沼野さんをご存知でしょうか。実は私はポーランドの作家のスタニスワフ・レムが好きで、翻訳で読んでいるのですが、その多くの翻訳を手がけているのが沼野さんだ。レムの代表作といえば「ソラリス」で何回か映画化もされているし、こないだテレビの「100分で名著」とかの番組でも取り上げられて、たしか沼野さんが解説役で出演したのだった。

どちらかというと私はレムの作品では「完全な真空」とか「虚数」とか言った架空の書評集などのメタフィクション系が好きなのだけれど、沼野訳の「ソラリス」も感動した。以前はおそらく英語版からの翻訳が出ていたのだと思うけれど、これはポーランド語から直接訳されたもので、省略されていた部分も含めた完全版だった。

レムはまだ何冊か読んでいないものがあるので、今読んでいるナボコフのあとに読むことにしたい。

もうひとつの現代文の出題は、上林暁私小説だった。今の高校生にはちょっととっつきにくかったのではないか。ここに出てくる友人は伊藤整だろうか。

キクチ投手が入団記者会見を英語でやった件について

marinersblog.mlblogs.comユーセイ・キクチ投手がシアトル・マリナーズに決まってその入団記者会見の映像を見たんですが、なんとほとんど英語で答えていました。

ブレスの入る場所からしても、きちんとその場で考えている様子で、文法的にもほぼ正しい英語で喋っていて、記者のみなさんにも充分通じているようでした。

その話の中で15歳のときに野球部の佐々木監督(英語でmy mentorと言っていましたね)と将来の目標を決めたときに「メジャーリーグで活躍する」としたとのことで、なかなか素晴らしいと思いました。

おそらく高校一年生の春にそのような話し合いがあったのでしょう。そしてそのときから野球だけでなく英語も勉強してきたというのです。

「超一流の選手たちと英語で話したかったから」だと話していました。

目標を決めることはすごく大事なのですね。

2018年に読んだ本ベスト

ウラミズモ奴隷選挙

あけましておめでとうございます。

昨年読んだ本はマンガ15冊・マンガ以外62冊・・・少ないですね。

去年最初に読み終わったのは「カゲロウデイズ」完結編でした。今読んでいるのは「老ピノッキオ、ヴェネツィアに帰る」あと数十ページですが、昨年中に読み終わりませんでした。

「カゲロウデイズ」も生徒の中学生から勧められて読んだのですが、「君の膵臓が食べたい」も中三の受験生たちが読んでいたのを、遅ればせながら読みました。本当に新世代の作家たちですが、なかなか面白く読めました。

マンガでは岡田史子吾妻ひでおの名作が復刻されたのがうれしかったです。特に「スクラップ学園」は、文庫でしか読んだことがなかったので、大判で出てしかも新作まで入っていたのでとてもよかったです。

恋は雨上がりのように」が完結しました。アニメにもなったし、とても楽しみにしていたシリーズでしたので、むしろ完結したのが残念でした。

山川直人のマンガはいつも心の奥底に響くのですが「ハモニカ文庫と詩の漫画」が文庫にまとめられて今年の収穫でした。

「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」は、ぶっ飛んだミステリで、それがありなら何でもアリになってしまうと言えるのだけれど、妙に論理的なのがすごかったです。

ミステリでは「消えた消防車」が、刑事マルティン・ベックの新訳シリーズで楽しみだったのですが、続刊は出ないということでとても残念です。

コルタサルの「動物寓意譚集」がしっかりまとめられたのが嬉しかった。それぞれの作品は雑誌やアンソロジーで読んでいたのですが、こうして一冊になると読み応えがありました。

レムのコレクションも読み続けたが「主の変容病院・挑発」がホロコーストをテーマにした処女作と最新作のカップリングで、一貫した思索と表現の進化が読み取れました。

「花便り」は「みおつくし料理帖」の後日譚で、楽しみに読んでいたシリーズだったのでとても嬉しかったし、単なるエピローグではなくこれだけでも物語として成立しているところが作者の力量の凄さだと思いました。

米澤穂信の新作はさすがと言えました。これもシリーズ化するんでしょうか。「古典部シリーズ」の新作も早く読みたいところです。

筒井康隆の「不良老人の文学論」も追悼文だらけでしたが、戸川純の「ピーポー&メー」も追悼文だらけで、自分の歳を感じるところです。

そして何といっても日本の問題点を純文学で主張し続ける笙野頼子の最新作「ウラミズモ奴隷選挙」が圧巻の地獄図会でした。

ということでベストランキングは下記のとおりです。

1「ウラミズモ奴隷選挙」笙野頼子

2「スクラップ学園(完全版)」吾妻ひでお

3「君の膵臓がたべたい」住野よる

4「ピーポー&メー」戸川純

5「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」ダグラス・アダムズ

6「花便り」髙田郁

7「主の変容病院・挑発」レム

8「動物寓意譚集」コルタサル

9「本と鍵の季節」米澤穂信

10「ハモニカ文庫と詩の漫画」山川直人

 

私も騙されていました(IWC脱退を聞いて)

f:id:motosh51:20181231080647j:image

うーん。やっぱり食べ物が絡むと騙されやすくなるんでしょうか。

私は鯨の肉が高いのは、品薄だからだと思っていたんですがどうやら違うようです。むしろ鯨の在庫は余っているらしいです。それなら安く放出すればいいと思うのですが、買い占めと同じようなことで、販売量を調整しているみたいです。もちろん商業捕鯨が認められていないので、備蓄をしておきたいという思惑もあるでしょうが、それにしてももう少し安くできるはずです。

こんなことに気づいたのは今回政府が国会にも図らずなんの説明もなくIWCを脱退すると宣言したからです。

私はIWCのような国際団体は条約で出来ているはずだと思いましたので、条約の締結には国会の承認(事後でもいいんですが)が必要だと思っていました。しかしどうやら憲法には条約の締結については書いてあるが、脱退については明文化されていないというのです。いやそんなん普通に考えたら締結に必要なら脱退にも必要やろう、と思うのが常識的な考え方ですが、穴をかいくぐろうとする卑怯なやからには通用しません。

それでは当の条約自体に脱退の条件が書いてあるはずと思って、その条約を読んでみました。すると脱退は政府からの通告でいいと書いてあるんですね。辞めるのはいつでも辞められるということです。ただし云ってすぐということはできなくて、年末までに通告して翌年5月に脱退できるということでした。それで通告を急いでたんですね。

5月以降商業捕鯨を再開するとして、現在の備蓄を放出するという可能性もあります。鯨の肉が安くなれば結構捕鯨業者も良心的ということになりますが、果たしてどうでしょうか。